当サイトは自主作に絞った、個人的な趣味のサイトです
例えば、個人の趣味サイトで釣りやお花など、テーマをしぼった公開サイトがたくさんあります。
リンクに釣具店さんやお花屋さんなど掲載もですが、掲載料なんて無いですね!
私のサイトもまったく同じで、「自分のサイトは、自分で作って自分で運営」というテーマの個人サイトです。
「自分で」というテーマにつきましては、勝手ながら個人的な判断で掲載しています。!

 


対象にしているサイトと対象外にしているサイト


 ホームページ  自分で作って自分で運営が対象、制作業者へ制作依頼のは対象外
 ブログ  自分で作って自分で運営が対象、制作業者へ制作依頼のは対象外   
 フェースブック  単体サイトは対象外
  ツイッター  単体サイトは対象外
 LINE、mixiなど  単体サイトは対象外
注1)運営というのは定期更新という意味合いもあり、公開はしていても長く更新してないのは対象外です。
 詳しくは具体的な運営状況の説明ですに説明書きしております。

注2)ホームページとブログを両方運営の場合、ホームページのサブページのようなもあれば、仕事と趣味みたいに違うのもあります。
 カテゴリーが違う場合は別々にリンク掲載ですが、関連してるものであれば稼働率がいいのを掲載いたします。
注3)基本は自主作に変わりないが、どうしても部分的に専門家へ一部依頼のも。
 (イラストやページの一部など依頼もあるが、日常の制作・運営に制作業者の関与はない)
 


自分自身が制作じゃなくても、自主作のホームページ


 家族や従業者が作成・運営のも
経営者や店主が作れなくても、職場の家族や従業者が運営のサイト。
 親しい友人が作ってくれたもの
ホームページ制作業ではない知人が作成応援、具代的な制作費が発生してないもの。
(食事や交通費などのお礼ってよくありますけど、制作費としての支払いとは違いますよね)
 WEB専門業者サイトから有料の素材を使っても
通販ショップサイトを運営者に多いかもですが、「利用」であって、わざわざ制作依頼とは違いますね。

当方としては、次のようなのは対象外にしてます


 ホームページ制作専門(代行や兼業も含む)へ依頼作
投資になる制作費を業者へ支出のホームページ、制作費とは言わずともリースのように投資されてる依頼作も。
 サブページのようにしてるFacebookやツイッターしか稼動してない
ホームページといってもトップが飾りだけのようで、Facebookやツイッターしか稼動してない。
(ブログの稼働率がよいのはホームページに代わり掲載してますが、Facebook単体は対象外です)
 自主作のホームページですが、3ヶ月以上も更新してないもの
どんなに忙しいという人でも、半年に一度くらいは情報発信しないとでしょう。お盆くらいに「新年おめでとう」は避けねばと・・
2014年4月より3ヶ月更新ないのを削除しています。(例外もありますが、他ではあまりない特別な長所があるサイトなど)
 アフィリエイトの広告やリンクだらけ、その他特殊なサイトなど
さりげなくやリンクページの一部くらいはいいですが、アフィリエイト勧誘の目的が見え見えサイトなど。


コツコツ更新で、親しめそうな自主作がいいな!

大企業や有名人情報は、インターネットに関係なく、テレビや新聞・雑誌などで知ったりです。
トヨタの新車情報やイチロー選手の活躍とか、ネットを見なくても多くの人は知ってますね。
では、私達一般人や街のお店などは?
地域放送といってもテレビ宣伝費は高額ですし、定期的な新聞チラシなども予算は莫大です。
逆に、何にもやってないお店でも、いつのまにか「口コミ」で、人気広がってるとこもたくさんありますね。
「ネットで宣伝だ」といって、ホームページやブログを公開も、訪れる人いなければ「絵に描いた餅」です。
大企業みたいな立派なホームページを公開しても、そもそもが違うのではと思う私です。。
いろんなサーチ集や商工会議所関連でのHP紹介も見ましたが、クリックして拝見しますと・・
『あら、三年前のままか』や、ネットショップなどでも『去年のままでも新着情報か・・』など多かったりです。
そんなリンク先だらけのサーチ集自体、リンク切れ放置やURLパクリだらけだったりのもです。
宣伝自体は「SEOに役立ちます」とかもですが、とてもそうは思えないですね。
どんなにHP自体が高度制作だろうが、もう見る気はしないんですよね。
私個人のお勧めとしては、街のお店や会社も「自分で作って、自分で運営」をです。
出費がびっくりするほど違う!
公開してからがホントのスタートであり、通常の制作依頼のHPでは、更新の度に費用が発生したりである。
どういう商談になってたのか?個々にいろいろあると思うが、更改してないHPをよく見かける。
将来的に専門業者へ依頼になっても、作成の経験が有る無しが大きく違うと思う。
②制作技術とアクセス数は関係ない!
ネットでたくさんのHPを見た私の経験では、制作技術とアクセス数は、ほとんど関係ないと思う。
立派な制作技術でも、『また見ようかな・・』の気持ちに、そのままつながるとは限らない。
逆に『派手な演出で見づらいな』と、嫌われタイプだと何の意味もない。
③1日に300人超のサイトなど、超希にしか見たことない!
高度な制作技術やSEO対策とか、宣伝文句はいろいろあるが、公開後の経緯はどうなのだろう?
大手企業やHP関連以外、要するに、街のお店や会社のサイトでは滅多に見ることはない。
希に見たHPとしては、自主作でも依頼作でも、かなりの年期で更新を繰り返してるサイトだけ。

 



当サイトの具代的なことについては、以下のページをご参考にです。

具体的な運営状況の説明です