制作費だけではない、手作りホームページで運営のメリット




こんなページタイトルを見たら、『そりぁ制作にお金はかからないだろが、それ以外のメリットあるのか?』と思う人もでしょう。
『お金かからない分、デザインのデメリットもじゃない』、『時間や労力もかかるんじゃない』とか、そんな意見もかもです。
しかしながら、HP関連業者にお金を投資したとしても、その分の効果があるかは未知数であり、業者次第でも差が違い過ぎたり。
HPというのは公開してからが大変であり、自分で作って自分で運営してると、おのずと自分に合った道が開けるかもです。



たくさんのHPを見て思う、私個人的な見解にすぎませんが・・

「手作りホームページ運営のメリット」について


当たり前のことですが、経費に天と地ほどの開きがあり、自分でやるとお金がかからない
自分で制作・運営は、0円~3万円(制作ソフトなど)くらいで可能である。
制作業者に依頼するとそれなりの制作費(内容や業者でも金額が違う)で、更新の都度もお金がかかるが一般的。
なかには、制作費無料とセールス文句の業者もだが、60回払いなどのリース契約みたいなのもある。
(下手をすると最初からリース狙いのとこもあり、5年もがんじがらめ状態で解約もできなくなる)

定期的な更新が身についてくると、「なんとなく」から「具体的」に進化もある
商品写真や文言を変えてるだけの更新も、何度かやっていると自ら少し変えたくなったりも。
『まてよ、こっちが主力だから位置を変えるか』とか、トップページで更新内容わかるよう『更新明細欄も作るか』など、なんとなくの更新じゃなく、自分なりの意図を持った具体的な進化もでしょう。
これが制作業者への依頼作なら、まずは自分で不可能なので、その都度に時間もお金も必要となる。
(制作だけ業者へ依頼して更新は自分でという人は、同等レベルかそれに近い制作技能じゃないと無理)

ごく自然に継続するモチベーションが芽生え、経験者しかわからない独自のノウハウ蓄積も
「なんとなく」から「具体的」な更新を続けてると、モチベーションが伝わりそうなホームページになるかも。
どのようなHPを目指したいか、目的意識がありそれを実践している人のって、独自ノウハウを感じますね。
10年以上も都度更新してるHPは、初めて公開した時点のままのスタイルなど、まずそんな人いないと思います。
最初の1年や2年、試行錯誤しながら自分のスタイル築かれたかもで、3年以上も繰り返した人もかもです。
そして、どこかの時点で『よし、自分のはこれでいこう!』とかでしょう。
その後は特別なデザイン変更などせずも、基本である情報発信作業だけで、十分に活躍されているのもですね。
スポーツや学問、仕事でもそうであるよう、試行錯誤すれば得られる体験がありますね。
HP展開も似たようなもので、参考書や業者へ依頼だけでは身につかない、独自のノウハウが見つかるでしょう。
これはお金出しても得られない、HP展開する独自ノウハウと思います。

「善・悪」などの判断力の蓄積とか、隠れた最大の魅力である「真の(親友的な)ネット交友」も
モチベーションがあって展開してる人なら、制作~運営~手直しなどのとき、いろんな作業を経験したりです。
自分のHPに必要なもの・必要でないものとか、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)も合う・合わないのとか。
サイト構築に対する判断力、自ずと身についていくのじゃないでしょうか。
街のお店や会社のHPだと、ネット関連業者から勧誘が来たりで、酷いのは詐欺的なのもです。
モチベーションがあって展開してる人って、善悪はもちろんのこと、必要・不必要もすぐ判断できる。
私が使ってるPCはジャパネットの通販で買ったが、ジャパネットと交友したいと思ったことはないです。
しかし、お米を買った農家サイトの人とは、HPやネットのこと、それ以外の世間話的な交友もしたりであります。
他にも似たような方がおられて、大変勇気づけられたり、趣味サイトとはいえネット運営にも勉強なったりも。
ネットには役立つ情報もあれば危険が潜むのも、つまらないのもあれば和やかな気持ちになれるのも。
HPは制作技術だけじゃ伝わらないし、安心して和やかに感じる、そんなお店や会社HPもいいんじゃなかろうか。

どうしても専門技術必要が発生のときも、経験が選択肢にも活きてくるかなと
専門業者に頼らなければの部分が発生したとき、「おまかせ」ではない的確な依頼を出来るでしょう。
自分で制作・運営をしていると、自分で出来ること・出来ないこと、必用なもの・必要でないもの、それがわかってくるわけであり、必要になったもので依頼する場合も経験が活きるでしょう。
また、諸事情によりHPそのものを業者に頼む選択のときも、自分で制作・運営の経験があると、業者を選ぶ選択肢も経験無いとではまったく違うでしょう。

専門業者並みのでも0円~小遣い銭程度で活用できるケースがあるかもです
HP制作するのに認可や免許など必要ないわけで、専門業者じゃなくてもハイレベルの方が全国にいっぱいです。
真の(親友の)ネット交友をしてる人の中に、そんな人がいたりもけっこうあります。
HP全般の人もいれば、HTML構成に詳しい、イラストや配色センスがあるとか、いろんな方がいたりもです。
時と場合によっては、そんな方が真の(親友の)ネット交友にいると、気軽に応援してくることもあるかもです。
実際にイラストを描いてもらったとか、専用ページを再編してもらったとか、そんなケースも聞いたりですね。
交友の間柄にもよりますが、部分的なのは0円、ページ再編なら気持ち程度(小遣い銭)でかもです。



HP制作関連の方がこのページ見られたら、不愉快に思われるかもです。
それでも当方としましては、ある程度は謙虚に個人的な見解を書いたつもりです。
ネットでいろいろ検索をしますと、もっとズバズバ書かれていたりのもで、HP業者自身のサイトでも見たりします。
『こんな制作業者はダメ』とか、同業者が同業者の制作パターンや姿勢とか、そんなのを批判したりのもです。

HP制作に資格や認可はなく、誰でも作ることができるでしょう。
そして運営の経験を積むと、将来的にどの方向(手作りのままでも、依頼するのが発生でも)に進もうが、必ず活かさせるかなと。

ページトップへ